管理人の独り言

管理人の独り言 le monologue

鎌倉・横浜、ディープな一日(2)

Category: General

明月院は、土曜日・快晴ということで、かなりの人出。でも、止まることなくうゆっくりと進めるので、それほどでもないのかもしれません。肝心の紫陽花はというと、『綺麗ー!』の一言につきました。満開まではあと少しという感じでしたが、枯れかかっている紫陽花は皆無でどこも美しい。もしかすると一番の見ごろだったのかも。
紫陽花紫陽花
あまりの美しさに、丸窓の写真をトップ画につかってしまいました。
紫陽花の少し控えめな紫がかった青が好きです。こんなに群生して見事に大輪が咲いているのに、あまり主張していません。そんなところが魅力でもあり、不思議でもあります。

小一時間見て歩いて、まだ時間が少しあったので、帰り道に「葉祥明美術館」にもよってみました。入口のグッズ売り場が混んでいるので、中も混んでいるのかなぁと思っていたら、誰もいない!座りやすいソファーもあり、ゆっくり贅沢な時間を過ごせました。外の雑踏が嘘のようです。

北鎌倉を12時くらいにでて、横浜に12時20分に到着。待ち合わせの桜木町のロイヤルパークホテルは45分の待ち合わせ。余裕でまにあうなと思っていたら、なんと京浜東北が事故でとまっているー。いや都内ならなんてことないです。でもここは横浜、「市営地下鉄で桜木町まで行ける」のアナウンスが入っても、横浜の地下鉄なんか乗ったことがないよぉ。と嘆いていてもしかたがないので、急いで地下鉄に向かいます。JRのすぐそばにみなとみらい線の駅があり、ひょっとしたら、みなとみらいからでも行ける?と思ったのですが、悲しいかな、みなとみらい駅と桜木町駅の距離感がわからない。けっきょく安全策をとって地下鉄で。15分遅れで、やっと到着しました。あーくたびれた。

そのあと、ロイヤルパークホテル最上階の中華レストランで、美味しいランチ。窓側の席で、横浜が一望でき、またまた贅沢な時間。友人とも久しぶりで話がはずみ、なんとランチに3時間。

いろいろあってディープな1日が終わり、家に着いたのが7時前。えーこんなにいろいろあったのに、まだ7時?早起きは三文の得ですな。
 

(2017年06月17日)

鎌倉・横浜、ディープな一日(1)

Category: General

浮世絵の講座で遠近法のことについて勉強しました。そのときに、鎌倉の鶴岡八幡宮の二の鳥居から三の鳥居までの参道が大人2歩分くらい狭くなっていて、本殿がより遠くにあるようにみせている。鎌倉時代から遠近法の概念が入っていたという話を聞きました。

偶然にも、知り合いの作家さんの鶴岡八幡宮の舞殿での結婚式におよばれしたので、これは、実際に歩いてみたいと鎌倉に向かいました。
結婚式は9時に始まるので、6時半に家をでて、8時20分に鎌倉着。梅雨どきにもかかわらず真夏のように暑い日でしたが、朝だからまだ涼しいに違いない、と信じて、日陰など全くない誰もいない参道を歩いてみました。なるほど、明らかに二の鳥居より三の鳥居付近のほうが狭い!(しかし、暑い)
何も考えないで歩いていたら多分気づきません。すごいなー、鎌倉幕府。

舞殿での結婚式はとどこおりなく進み、10時には体があきました。1時に、友人と桜木町でランチの約束をしていたので、あと2時間は鎌倉にいられます。時は6月、紫陽花で有名な明月院に行くことにしました。
明月院はとなりの北鎌倉の駅からすぐなので、電車で移動。
北鎌倉の駅についたら、カメラを持った人がたくさんいて、踏切付近で構えています。珍しい電車でも通るのかしらんといっしょに見ていたら、あまりみたことのない臨時電車が通過していきました。あとで調べたところ、急行『ぶらり横浜・鎌倉』号で、いわき~鎌倉間を走る、紫陽花の時期限定の臨時電車らしいです。

人波について歩いて、お目当ての明月院に到着。このときまだ10時40分。すでにいろいろなことを体験したような気がします。(つづく)

(2017年06月16日)

10年という日々 ~タカハシカオリ個展~

Category: General

先週の金曜日から、ギャラリー企画のタカハシカオリ個展「なりきりエキシビジョン」が始まっています。

タカハシさんとの出会いは2006年、学生時代のお友達とグループ展で、ギャルリー・ジュイエを借りてくれたことから始まっています。タカハシさんのそのときの作品と卒業制作に惚れ込んで、個展開催をお願いしたのが、翌年の2007年の5月。ちょうど10年前です。
タカハシさんにとっては初個展となったその展示で、頭が動物で体が人間というアニマルシリーズが生まれ、その後、それが、さまざまな場所でさまざまな日常のストーリーをつくっていくことになります。

「10年」とひとことでいえば簡単ですが、その間に起ったさまざまなことを考えると、気の遠くなるほど長い年月でもあり、反面、あっという間に過ぎ去っていった日々でもあります。
10年前はスマホもなかったし、SNSもありませんでした。展示の告知のしかたも大きく変わり、スマホやSNSで手軽に、展示の告知や展示の様子を知らせることができるようになりました。反面、情報にながされたり、簡単にできるがゆえの不都合も多くなってきたような気がします。
自分が年をとっていくのに、日進月歩どころか秒進分歩のネット世界についていくのも青息吐息、いやはや大変なことです。

10年たって、タカハシカオリさんのフィギュアも確実に進歩しています。しかし、そんなに早い歩みではない。10年前のフィギュアは、今、少し大人になってやってきた。10年前大学を卒業して就職浪人をしていた犬のタカハシ(フィギュアのキャラクター)は1児の父となって、ジュイエに戻ってきています。人の歩みと同じくらいの速度に、どこかほっとしている私がいます。

今回は、日常から離れて、いろいろなキャラクターになりきったフィギュアが展示されています。思いっきり楽しくて、ほのぼのとする「なりきりエキシビジョン」に是非、是非お越しください。5月30日までです。


なりきりエキシビジョンなりきりエキシビジョン
右の写真、ミツバチになりきった小さなフィギュアが、私のお気に入りです。

(2017年05月25日)

街歩きの謎解きゲームに参加してみました

Category: General

前からやってみたかった謎解きゲーム、脱出ゲームのように時間制限があるのは、ちょっとハードルが高いかなと思っていたら、街歩きの謎解きゲームがあると聞きました。それが、リアル謎解きゲームin丸の内「時空の迷い人と不思議な書物」。丸の内なら近いし、いいじゃんとばかりに参加してみました。

まずは、丸の内の丸善でキットを買い、東京駅付近からスタートです。
東京駅

江戸時代から迷い込んできたお姫様に出会い、姫を連れて謎をとき、最後に江戸に帰すという設定。なるほど皇居付近だから江戸のお姫様ねぇ、設定もうまくできています。終わりのほうで行き詰って(個人的都合で)時間切れ、残念ながらすべての謎は解けませんでした。

丸の内・皇居・有楽町・大手町とあっちこっち歩き回り、結構な運動量、シャトルバスにも乗ります。このあたり、東京駅はもちろんのこと、美術館や国際フォーラム、パレスホテル、帝国劇場など行ったことがある場所が多くあります。しかし、それぞれ最寄りの駅から行くので、ピンポイントでは知っていても、その繋がりは今一つよくわかっていなかったのが、クリアにわかるようになりました。また、無料の巡回シャトルバスの存在を知ったりで、面白い体験でした。
美術館併設の、天井の高いカフェでちょっと贅沢なランチもして、最後まで謎は解けなかったけれど、頭と体を使った楽しい1日でした。

スマホを使っての謎解きなのですが、字が小さい。タブレットならいいのだろうけど、ピンチアウトできるといいなぁと、そこだけがちょっと不満でしたが・・・
けっきょく、家に帰ってから、参加した人にヒントなどもらいつつ、最後までクリアしました。(最後の謎はなんだかなぁという感じ。もっとすっきり終わりたかったかも)

最終画面


リアル謎解きin丸の内は5月いっぱいまで開催しています。キットは1500円でしたが、グループで1つ購入すればいいので、まぁお手軽。いつでも、時間制限なしで参加できるので、謎解きに興味のある方にはお勧めです。

(2017年05月12日)

「不信 ~彼女が嘘をつく理由~」

Category: 演劇・美術

三谷幸喜作・演出の「不信 ~彼女が嘘をつく理由~」を見に行きました。
東京藝術劇場シアターイーストで上演、ここは300席くらいの小さな劇場です。ひさびさの小劇場での演劇ということで楽しみにしていました。

真ん中に舞台があり、両側に客席という構成なので、H席ながら前から3番目といういい席。真ん中の舞台というのは、今はもう閉館してしまいましたが、演出がおもしろくて好きだった青山円形劇場を思い出して、開幕前から期待が高まります。

(以下少しネタバレがあります。これから観に行く方、ご注意ください。)
舞台は引っ越してきた若夫婦(段田安則、優香)が、隣の中年夫婦(栗原英雄、戸田恵子)に挨拶に行くところから始まります。そして、その隣家が「雨上がりの動物園」のような異様な匂いがするという、ミステリアスを予感させるような出だしです。あるとき、隣の中年の奥さんがスーパーで万引きをするところを見つけてしまい、それが発端となり、物語が徐々にエスカレートして、嘘に嘘が重ねられ、さらにいろいろ伏線がはられ、どんでん返しに至ります。

真ん中にある4つのスツールを右や左に移動するだけの演出。スツールを移動させる音が最初は少し気になりましたが、物語が進みにつれ気にならなくなります。舞台が真ん中なので、役者さんの顔が見えたり見えなくなったり、それが人の表と裏、真実と嘘を表しているような気がして、地味だけれど、うまい演出だなぁと感じました。ストーリーも面白かったし、芸達者な役者さんをそろえ、これが演劇って思わせるお芝居です。いやー演劇を堪能しました。しかし、ミステリーながら、シニカルなコミックという感じもするので、人により好みは分かれるところかもしれませんが・・・


ブータンブータン
今週の展示は「ブータン王国の染と織」。ブータン国王から称号が贈られたダショー西岡の奥様の企画の展示です。 ブータンの布、バック、民芸品、書籍など。繊細なブータンの織物は必見です。是非お越しください。25日まで

(2017年04月22日)

小さい者が大きい者を -テニス西岡選手の活躍ー

Category: General

かなり前のことになりますが、大相撲で小兵の舞の海が「技のデパート」と呼ばれ、多彩な技で大型力士を倒すことで人気があり、楽しみに見ていた時期がありました。

今、開催中のテニスのマスターズのインディアンウェルズ(アメリカ)大会で、日本の西岡選手が大活躍。(4、5年前から見るだけですが、テニスにはまっております。)
西岡選手は身長170㎝の小柄な体格、今のテニス界は180㎝でも小さいくらい、190㎝を超える選手も少なくありません。もちろん身長が高いほうが有利と言われています。そんな小柄の西岡選手が、ボールを拾いまくり、多彩な変化をつけてボールを返し、大きな選手を倒していく。最大の身長の選手との差は、なんと41cm、まるで大人と子供ほども違う差で、勝利を奪う、その姿は痛快で、ふと舞の海のことを思い出しました。(舞の海も170cmくらいでしたね)
日本人以外の観客も小さくて頑張っている西岡選手のことを、応援している人が多かったそうです。

そういえば、昔話の「一寸法師」も、大きな鬼の体の中に入ってやっつけるという話だったし、旧約聖書にも巨人ゴリアテを倒すダビデの話があります。古今東西問わず、小さいものが大きいものを倒すのは、人の心をうつのかもしれません。

それにしても、これからのテニス界、錦織選手とともに、西岡選手も楽しみです。次はマイアミの大会、でもまた時差が悩ましい・・・


梨凛花~rinrinka~2017春夏コレクション梨凛花~rinrinka~2017春夏コレクション
今週の展示は、「梨凛花~rinrinka~2017春夏コレクション 展示即売・予約会」。春らしい軽やかで優しいお洋服の展示即売会です。アクセサリーの販売もあります。どなたでも入場できますので、ファッションに興味のある方は是非お越しください。20日

(2017年03月18日)

10年前の想い ~青木美歌さんの展示~

Category: 演劇・美術

10年くらい前、武蔵野美術大学の卒業優秀作品展で、とても美しいガラスの作品を見つけました。暗室に、まるで胞子や菌のような形のガラス作品、作品から少し離れた斜め上のほうから光をあて、それが、太陽とも月とも感じられて、展示のしかたもとても素敵でした。
そもそもガラスは好きなジャンルなのですが、いまだに忘れられない作品で、いつかこの作家さんの別の作品もみたいとずっと思っていました。

そして、その時がついにやってきました。作家の名前は青木美歌さん、銀座のポーラミュージアムアネックスで個展をされているのをTwitterで他の知り合いの作家さんが写真をつけて、つぶやいているのを見つけたのです。しかも、まだ会期中です。こ、これは行かなくては。

展示タイトルは「あなたに続く森」、タイトルも惹かれます。今回もバクテリアや細菌をイメージとしていていますが、たくさんの作品の美しさや透明感から、あたかも不思議な森の中を歩いているような気がします。10年前の作品よりも洗練されていて、作品の影をも意識した、とても素敵な展示でした。
作家の青木さんもいらしたので、初対面にもかかわらず声をかけてしまい、10年前のことを含め、いろいろお話をさせていただきました。私が見た10年前の作品はご本人も今でも気に入ってらして、ホームページのトップ画として使っているそうです。これもなんだか嬉しい。


青木美歌作品青木美歌作品
作品はこんな感じです。透明感のある心が清らかになるような展覧会です。明後日(26日)までですが、銀座方面に行かれる方是非、お勧めです。

(2017年02月24日)

サポートの差

Category: General

先日、インターネットが急につながらなくなりました。家中のパソコンがつながらなくなり、スマホのWiFiもだめ。となるとインターネット自体かルーター等の問題になるので、障害情報をスマホで調べてみたら、この地域の障害はなさそう。これはサポートに電話するしかありません。

だいたい、サポートに問い合わせると、あまりいい思いをしないことが多いです。最近だと、ITで有名な、かのG社。回答のメールがわかりにくく、質問の内容に答えていないところがあるので、再問合せをすると、なかなか返事がこないわ、のちに問い合わせた別のサポートの人と言うことは違うわで、いったいどうしたらいいの?という感じでした。なので、この問い合わせも少し億劫でした。

ところが、K○D○社のサポート、素晴らしかったです。ひとつひとつわかりやすく確認してくれるし、他社のルーターなのに、形状を調べてくれて、わかりやすく指示してくれました。こちらの都合で電話をかけなおすことになったのですが、数時間後に電話したときのサポートの人(前とは違う人)がまた親切。前回のログもきちんと残されているので、再度説明することも少なく、スムーズにことはすすみ、けっきょく、レンタルしているメディアコンバーター(?)のリセットで無事インターネットはつながりました。しかも、今使っているメディアコンバーターは10年以上たっていて、もう新しい機種がでているからと言って、交換してくれることになりました。
新しい機種は、翌々日には届きました。あーなんて素晴らしい。サポートがいいと、ずっと使い続けようという気になりますね。

しかし、対応が悪かったG社、検索エンジンやブラウザやOSなど、利便性など考えると使わざるを得ないところが、なんとも納得のいかないところでもありますが・・・


Media Garden 2017Media Garden 2017
今週の展示は「Media Garden 2017」。東京経済大学コミュニケーション学部の「表現研究」ゼミ展です。写真・映像・インスタレーションと多彩なジャンル、授業の一環だそうですが、大学っていいなぁと思わせてくれる展示です。Media Gardenに是非。31日まで。

(2017年01月29日)

ブリューゲルのバベルの塔

Category: 演劇・美術

新年おめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
HPのトップ画も、1月1日から、昨年12月に個展をしてくださった宮崎望さんの展示風景にしました。ぱぁーと明るい感じが新年らしくて、気に入っています。

さて、先日、今年4月に都美術館で、ブリューゲルの「バベルの塔」展をやるとの記事を見つけました。へー、「バベルの塔」がくるんだぁと思い、その写真をみてびっくり。私の知っている「バベルの塔」ではない。似てはいるけれど違うものでした。私の知っているのは、もう少し明るくてもう少し牧歌的な感じで???所蔵の美術館もオランダロッテルダムとか、これも違う。では、私が20数年前にウィーンの美術館で、絵の前に立ちすくみ、長い間眺めていたあの感動した「バベルの塔」はいったい何だったのでしょう??まさか偽物?でもあのウィーンの美術館は、ブリューゲルのコレクション(多分ハプスブルグ家の)で有名なはずです。

こういうときはインターネット、調べてみたら出てきました。ブリューゲルの「バベルの塔」はほぼ同時期に描かれていて、2枚あるそうです。しかも、その大きさから、ウィーンにあるほうを「大バベル」、ロッテルダムを「小バベル」と呼ばれているそうです。
何だ、何だ、知らないってこわい。余計な事いっぱい考えてしまいました。
ああ、インターネットって素晴らしいわ。ここでふと思いました。これってウィーンで「バベルの塔」を見たという経験があるから、そう思えるんじゃないかって。経験による知識とインターネットから得た知識と結びつけることが、私にとって最良の使い方なんだなと、今更ながら思いました。

4月になったら、都美術館に行こう、そして「小バベル」を見てきます。きっと何も知らずに行くよりずっと面白いはずです。

(2017年01月09日)

日曜が最後にあるカレンダー

Category: General

時は師走、カレンダーもあと1枚になり、来年のカレンダーも用意しました。
このカレンダー、最近よくみる日曜日が最後にきているものは、私は絶対に選びません。手帳類も同じです。どんなにデザインが気に入っても使いません。ぱっとみたときに、特に水曜・木曜あたりを間違えることがあるからです。

とはいえ、自分が使っているもの以外のカレンダーは気をつけてみるようにしています。ところが、昨日やってしまったのです。
演劇のチケットをネットで予約するのに、ギャラリーが休みの水曜日をとるつもりが、きれいに第三希望まで、すべて木曜日予約。確認のメールがきたときに、(自分が間違えたくせに)「え、何で木曜なの?」と疑問に思う大失態。サイトを見直すと日曜日が最後にあるカレンダー、あーやってしまったとやっと気づきました。
木曜でもこの時間帯なら行けそう、それとも前もってこの日はギャラリーを休みにすべきかと考えましたが、幸いにも、まだ予約抽選中なので、取り消しがきき、再エントリーできました。ほっ。

「だから、日曜が最後にあるカレンダーは嫌いなんだ!」と息巻いておりますが、けっきょくのところ、気をつけなかった自分が悪いですね。はい。でも私みたいな方、どこかにいませんか?


NOZOMI MIYAZAKI ARTSHOW 2016NOZOMI MIYAZAKI ARTSHOW 2016
今週の展示は「NOZOMI MIYAZAKI ART SHOW 2016」。今年最後の展示です。アメリカンテイストの100枚以上のイラストが並び壮観です。是非お越しください。20日まで。

(2016年12月17日)
©2003-2013 Galerie Juillet.