管理人の独り言 le monologue

四方を守る神々

今、ギャラリーでは「レッドバンブー展」が開催されています。多ジャンルのグループ展ですが、その中でひときわ目をひく作品があります。 四方を守る神々、「青龍」「白虎」「朱雀」「玄武」の羊毛人形がそれです。

四神 四神

これは中国の神話「四神」に基づく霊獣だそうで、この「四神」を調べてみると、なかなか面白いです。
東方青龍・北方玄武・西方白虎・南方朱雀といい、それぞれの方角を守っている霊獣で、日本でも古くは平安京では、東・青龍を鴨川に、西・白虎を山陰道、南・朱雀を巨椋池、北・玄武を船岡山とされているそうです。すなわち川、道、海、山をあらわしていて、四方八方、あらゆる自然から守るということで、なんとも心強い霊獣たちではないですか。
朱雀門や白虎隊など、日本語にもこれらを使った聞きなれた言葉もありますね。そして、なんとちらし寿司も、四色の具材で四神(諸説あり)をあらわしているのだとか、へぇー。そういえば、ちらし寿司ってひな祭りの定番、健やかに育つように守ってもらおうということなのでしょうか?

この羊毛人形の作者の谷田部香織さんは、コロナがなかなか収束しないので、もうアマビエさまだけでは足りない、四方を守る神々に守ってもらおうと思って制作したそうです。
ここにきてコロナ感染者もまた増えてきて、第8波になろうかという勢いです。もういいかげんにしてほしい。この願いが通じるといいなぁとつくづく思います。


第11回レッドバンブー展 第11回レッドバンブー展

今週の展示は上述の「第11回レッドバンブー展」女子美術大学付属高校の同級生10人、ジャンルフリーのグループ展です。ジャンルが多彩で力作が揃っているので、どなたでも楽しめます。四神のご利益もあるかもしれません。11月22日まで

ギャラリーにWiFiは必要?

「0080」から始まる電話を、ついとってしまいました。「0080~」と「080~」(こちらは普通の携帯の番号)は紛らわしいんですよね。で、やはり営業電話。「以前インターネットを設定したときにうかがったものですが~、ギャルリー・ジュイエさんにはモデムがありますよね」と何やら以前からつきあいがあるような言い方。ギャラリーにはインターネットはひいていないので、モデムなんてあるわけがないのです。
「インターネットはひいていないのですが」と言ったら、あわてた様子で電話を切られました。このように親しげに話しかけて、だますんでしょうか?営業電話でも悪質なほうかもしれません。

ここでふと思いました。今や、導入したほうがよくわかっていないとしても、WiFiがあるのはあたりまえの世の中になったんだなぁと。 ギャラリーにWiFiがないのは、あれば便利だけど、それほど必要ないから。ちなみに私はこの手のことにうといわけではありません。むしろ、詳しいほうかもしれません。

インターネットをひくことは、ギャラリー開業当時からずっと考えてはいることです。ただ、毎月お金がかかるサブスク型というのは、常に慎重に考えます。スマホがでてくるまでは、展示にネットをつかうというのは、うちではほぼなかったし、その後状況がどんどんかわってきて、今や、必要ならばモバイルWiFiを展示者の方が用意してくれる、簡単なものならテザリングでも使えます。私個人も、事務仕事はWiFiのある自宅でやるし、今はスマホは20ギガまで同一料金なので、ギャラリーにWiFiがなくても、全く不自由は感じないのです。

多分、これからもギャラリーには、インターネットはひかないです。必須とも思えないものに経費をかけるよりも、ギャラリーの料金をおさえたい、と考えるのは間違っていないと思っています。


至福を嗜む 超ドり~ム都市

今週の展示は「至福を嗜む」。架空想主催、20名の作家によるコミックアート中心のイラストの展示です。秋の夕暮れ、ジャズを聞きながら、ワインやお茶でまったりと、そんな展示です。その雰囲気を味わいに是非お越しください。11月14日まで

30分の電車まち

先日、東飯能(埼玉県)にとある展示を観に行きました。東飯能は西武池袋線の飯能で乗り換えて1つ目の駅、行きは飯能駅で15分くらい待っただけだったので、さほど気にならず、無事東飯能に到着。問題は帰りでした。都心の習慣で何も調べずに行ったら、なんと次の電車まで30分まち。東飯能駅はJRも通っているので、そちらからなんとか行けないものかと調べましたが、やはり30分以上待たねばならないようでした。

ギャラリーの見学の方と6時の約束なので、それまでにはたどり着かなければなりません。余裕をもってはやめに展示会場を出てよかったです。
30分という時間では、どこかに寄る余裕はない。しかたがないので、ホームのベンチで自販機で買ったコーヒーを飲みながら待つことにしました。しかし、この時間がなかなかよかったです。お天気もよく、まったりと展示の感想をツイッターにアップしたり、ゆっくりパンフレットをみたり、ぼーと電車を待っていました。コロナであまり遠出をすることもなかったので、電車30分待ちは久しぶりの経験、便利なのに毒されてはいけないなぁと思ったりしました。

とはいうものの、隣の飯能駅まで30分以上、飯能駅から私の最寄りの駅まで、2回乗り換えて1時間以内って、平日の上りで本数が少ないとはいえ、いつもそうだったらいやだろうなぁと思いました。都会の便利さに慣れすぎなんでしょうかね。


超ドり~ム都市 超ドり~ム都市

今週の展示は「超ドリ~ム都市」。“仮想空間”をテーマにした、文化服装学院と多摩美術大学の学生さんの合同展示です。ウキウキわくわくする空間に是非お越しください。11月1日まで

高架下空き倉庫

高円寺から阿佐ヶ谷までのJRの高架下は歩くことができます。20年ほど前は高円寺よりに少しお店があるくらいで、それ以外は倉庫や駐車、駐輪場があるような、何もないところでした。ただ、何もないだけに、ちょっとした廃虚感もあり、面白くて、以前南阿佐ヶ谷に住んでいたときは、よく自転車で通ったものでした。

その後、阿佐ヶ谷寄りにアニメストリート、高円寺寄りにラーメン横丁などもできたようですが、いつの間にかなくなってしまいました。

ここにきて何年か前からジェイアール東日本都市開発が、再び開発しているようで、その中で気になっていたのが、高架下空き倉庫。以前倉庫だったところを地域に開放しているとのことで、面積が144平方メートルもあります。地域の人々が参加できれば使用可能らしく、使用料金がホームページに明記されていないのが、ちょっとねとは感じましたが、これは、よい試み。倉庫ならあの廃墟感も残っているだろうし、行ってみたいと思っていました。

今、中央線芸術祭2022が開催されていて、去年に引き続きギャルリー・ジュイエも会場の一つとして使っていただいております。そして、なんと、高架下空き倉庫もその一環として、グループ展「孤独な散歩者たちの庭」の会場として使われています。これは行かなくてはいけません。ジュイエの展示の準備やらも一段落したし、明日か明後日行ってこようと思っています。展示のみならず、会場を見るのもとても楽しみです。

高架下空き倉庫の「孤独な散歩者たちの庭」は25日まで。ジュイエの展示も25日までです。共通のフェスティバルチケット(1000円)で入場できますので、興味のある方は両方ともいかがでしょうか?(空き倉庫からジュイエまで10分くらいです)


上野悠河個展 上野悠河個展

今週の展示は「上野悠河個展〈さあ、踊りましょう。お外はこんななのに? そのときぼくの、スカートがひらり、ひらり (1974) 〉」上述の中央線芸術祭2022のフェスティバルプログラムの一環として開催されています。インスタレーションの展示、作品のひとつひとつが独立していながら、そのすべてで空間を構成しています。昼と夜でも雰囲気が変わります。五感をフルに働かせて是非ご覧ください。
上野悠河さんは空き倉庫の「孤独な散歩者たちの庭」にも参加されています。両方観てつながるところがあるそうなので、私も楽しみです。お時間ありましたら両方是非。

秋からの電気代

ギャラリーのエアコンを新しくしました。壊れたわけでも、調子が悪いわけではなく、快適に動いていたので、それに業務用だから、決して安いものではない(正直高いです、うぅぅ)ので迷いましたが、思い切って買い替えることにしました。もう19年もたっているから突然壊れるかもしれない、それはお客さまに迷惑がかかるということと、それ以上に最近の電気代が高い!電気を使う冬を迎える前に効率のよいエアコンに買い替えたい!というのが、その理由でした。

エアコン以外にも、電球をLEDに変えたり、電気のアンペア数を低くする契約に変えるなど、少しずつ対策をしてきましたが、それじゃおいつかないほど、最近の電気代が高いです。
そして、今国内には約700社の電力会社があり、特に新しく参入した電力会社は、市場連動型の料金を採用するところが多く、この秋に大幅な値上げがあるということです。私は、従来からの東京電力をそのままつかっているので、そういうわけではなさそうで、胸をなでおろしています。まぁ面倒くさくってそのままにしていたのですが、怠慢もたまには役に立つこともあるようです。

何日か前の新聞に、国が電気代の巨額支援をするという記事が載っていたけれど、これってちゃんと平等に国民の払う電気料金に反映するのだろうか?だって700社もあるのですよ。そんなきめの細かいことできるんだろうか?電力会社だけが恩恵を受けるんじゃないだろうか?そんな心配がよぎります。どうぞ、皆に行きわたるような政策になりますように。


宵闇に誘いて 宵闇に誘いて

今週の展示は「宵闇に誘いて」。おなじみの架空想主催の、22人の作家によるコミックアートを中心としたイラストの展示です。テーマは「夜の眷属、夜行性の動物」。もうすぐハロウィン、会場はダークでおしゃれな空間となっています。作品ともども展示全体の雰囲気もお楽しみください。17日まで。

言葉って面白い。

SNSでどなたかが、ロシア語に「熊」という言葉がない。それは熊が恐ろしいものだから、あえて避けたくてそういう言葉が存在しないのだ。ということを書いていたのを目にしました。じゃあ「熊」のことは何というのか?というと「蜂蜜を知るもの」という言葉をあてるのだそうです。へー面白い。

考えてみれば、日本語にもそうした表現があります。「するめ」といわずに「あたりめ」というのもそうでしょう。商売をしていた祖父は「梨」のことを「ありの実」と呼んでいました。これも商売上縁起が悪い「なし」を嫌って「あり」にかえたものだと思います。

「梨」で思い出しましたが、祖父は果物のことを「水菓子」と呼んでいました。今では高級な日本料理にお品書きのデザートのところに「水菓子」と書いてあるのをみるくらいで、あまり日常的に聞く言葉ではありません。
この「水菓子」については気になったので、ちょっと調べてみました。「水菓子」という言葉は江戸時代から東京で主につかわれた言葉で、関西では「くだもの」と呼んでいたそうです。
ここまではふむふむと思っていたのですが、なんと、今では水ようかんや水まんじゅう、ゼリーなどつるんとした水っぽいお菓子のことをそう呼ぶことが多いのだそうです。えー、びっくりです。

あー、言葉って面白い。言葉の奥にいろいろな意味が含んだり、時代とともに意味が変わってくるのですね。
でも個人的にはやっぱり「水菓子」は果物のことであってほしい、そのほうが情緒があるような気がします。


クロノスの歌声 クロノスの歌声

今週の展示は「クロノスの歌声」。架空想主催の、19人の作家によるコミックアートを中心としたイラストの展示です。テーマは「時間、時計」。静寂の中にカチコチカチコチと時計の音だけが聞こえてくる、そんな感じの展示です。是非お越しください。26日まで。

小鳥を見つけた話

8月が終わるころ、早稲田通りのおしゃれなビールやさんの前を通りかかったとき、まるで呼ばれたみたいに、鳥の鳴き声らしきものが、かなり近くできこえてきました。えっ、こんな近くで何故?と思わず横をみたら、店先の植木に小さな鳥が止まっていました。ふわふわとして綿菓子のよう、その姿に思わず写真を撮りました。鳥を撮るのってすぐ動いてしまうので、スマホレベルのカメラでは難しいのに、かなり近寄っても逃げない。
メジロのひな

いったい何の鳥だろう?家に帰っていろいろ調べてみたところ、メジロのひなによく似ています。そうかひなならば、小さいのも、動きがにぶいのも、さわりたいぐらいふわふわしている毛も納得できます。だけどどうしてあんなところにいたのだろう?メジロだとすれば、飼育は禁止されているので、誰かが飼っていたということは考えにくいです。おちていたひなを保護したという話はときどきききますが、あの小鳥はちゃんと枝に止まっていた。

いろいろ考えるとちょっと不思議な気がします。「私を見て」と言わんばかりに急にさえずったり、いっちょ前に枝に止まって、公園ならわかるけど、通り沿いの観賞用の植木にいたのも…
とてもいいものを見たという気がしています。

あれから20日くらいたち、何回もその前を通ったけれど、そこにも近くにも、もう2度と見かけることはありません。写真に撮らなかったら、夢だったのかと思うようです。いつでも撮れるスマホを持っている時代だったことに感謝。


.rec .rec

今週の展示は「.rec」武蔵野美術大学映像学科の二人展、映像中心のインスタレーションです。日常のようであり、非日常のようでもある、少し不思議な空間になっています。触れることのできないイメージの存在、いろいろ考えさせる展示です。是非お越しください。20日まで。

コロナ保険

今年の初めに保険の確認をしたときに、保険会社の人から「コロナのみなし入院でも入院扱いになりますから、(そうなったら)請求してくださいね」と言われ、それはありがたいなと思った記憶がうっすらとありました。
ところが、昨日の新聞に「みなし入院」ははずされるという記事をみつけました。厚労省のコロナ全数把握見直しによって、みなし入院が実情にあわなくなったというのがその理由らしいです。加えて家族が感染するとあわてて保険に入るという例もめだってきたというのもあるようです。ふーん、コロナ陽性の診断がでないと怒っている人がいたのは、そのせいなのか…

これって、私のようにコロナの前から入っていた保険が対象にならなくなるのなら、まぁしかたないかと思えます。でもコロナに特化した保険にわざわざ入った人って納得がいかないんじゃないかと思います。
そもそも保険って、ほぼ得することがないようにできています。そうでなければ、保険会社は成り立たないから、それは当然と思います。もし何かあったときのために入るので、何もなければ、それはそれで有難いし、それに納得するというスタンスではないかと思います。
こんなときに保険金がおりるよという条件で入って、それが満たされたのに保険金がもらえないことがあるのはなんだかなぁと思います。新規は中止して、今までの人はOKというわけにはいかないんでしょうか?

これというのも、厚労省の全数把握見直しということに端を発しているわけで、いつもながらの国の姿勢に疑問を抱かざるを得ません。もっと納得のいく判断ってしてもらえないのでしょうか?


あふれでるものたち あふれでるものたち

今週の展示は「あふれでるものたち」 - 空タツコ・Sopi~二人展 -。アクリル画、水彩ペン画、ミクストメディア、立体などバラエティに富んだ展示です。南米を思い起こすような自由なパワーを感じ、まさに「あふれでるもの」がギャラリーに所狭しとならんでいます。是非お越しください。9月6日まで。

超歌舞伎をみてきました

「超歌舞伎2022」を観に行きました。
超歌舞伎とは2016年の幕張メッセの「ニコニコ超会議」の企画の1つとして上演された初音ミクと歌舞伎役者との舞台公演。観てみたいなぁと思ってはいたのですが、超会議に行くのはちょっと気おくれがするし、東京の劇場でやらないかなと思っていたら、この夏、新橋演舞場で開催すると知り、早速行ってきました。

超歌舞伎2022は、新作の「永遠花誉功(とわのはなほまれのいさおし)」いわゆる蘇我入鹿討伐もので、正義の味方が悪者(入鹿)をやっつけるというお話ですが、そこに初音ミクというバーチャルをどう組み合わせるのかに、とても興味がありました。初音ミクの役どころは、蘇我入鹿に后として差し出すように言われる苧環姫。実は3年前に死んでいて、屏風にかかれた絵に心がよみがえったという設定になっていました。なるほど、現実に生きるものではないのね、さすが書き下ろしの新作、うまく扱っているなぁと感心しました。あとは、映像と組み合わせて、特に薄い透ける大スクリーンに映し出す映像と現実の芝居とうまく組み合わせて、見ごたえのあるお芝居で、楽しかったです。違う演目をやったら、また観に行きたいなと思いました。

私は知らなかったのですが、超歌舞伎といえば、ペンライトで応援らしく、多くの人が特製のペンライトを持っていました。色は14色、「~屋!」という大向こうの声が入った、コロナのこの時期らしい特製ペンライト。使い方がむずかしく、違う色や違う屋号の呼び声がかかってしまうのはご愛嬌。
エンディング(カーテンコール)は写真OKで、これは普段の歌舞伎とは違うものと考えたほうがいいのかもしれません。だがまてよ、かつて先代猿之助が考案したスーパー歌舞伎のときも、こんなことを思ったんじゃなかったか。でも今ではすっかりなじんでいるし、そのうち、超歌舞伎もなじんでくるのかも。新しいものというのはそういうことなのかもしれません。


美しさにふれる 美しさにふれる

今週の展示は「美しさにふれる」 藤本祐菜 x 渡邊陸斗 二人展。東京工芸大学写真学科の学生さんの写真展。展示のしかたも工夫された、スタイリッシュで美しい展示です。是非お越しください。30日まで。

美しい言葉をつかいたい

作家さんの作品などを購入するとき、「お迎えする」という言葉をよく使います。別にこれが悪いわけではないけれど、私には何か抵抗があります。それは「お迎え」という言葉に「死」を想像するから。それで、以前「戦利品」という言葉を使ったことがあります。よく考えてみると、これもダメじゃん。「戦利品」ってそもそもは戦争で奪ったものということですよねー。どちらの言葉も苦労してやっと手に入れたものというニュアンスなんだろうと思います。悪いわけじゃないけれど、もっとぴったりな素敵な言葉ってないんだろうか?日本語は難しいです。

全然違う話ですが、最近「ことのはたんご」という単語推理ゲームにちょっとはまっています。10回の試行で5文字の単語をあてるという単純なゲーム。正解に含まれている文字が場所も正しいと緑に、場所が違うと黄色にかわり、正解を推理していくというもの。1日1回なので気軽にできます。でもこれがなかなか難しい。1回目に緑にも黄色にも1つもならないと、次にいれる、まったく違う文字の5文字の単語がなかなかでてきません。ある程度勘と運も左右するのだけれど、自分の語彙力のなさに愕然とします。

あー、美しくて正しい言葉をたくさんつかえるようになりたい。20年近くブログを書き続けているのも、素敵な文章を書きたいからなのに、ちっとも美しい言葉を使いこなせません。でもやめてしまったらどんどんダメになっていくだろうからねー、悩ましいことです。


似て非なる翅ばたき 似て非なる翅ばたき

今週の展示は「似て非なる翅ばたき」架空想主催の企画公募展、23名の作家によるコミックアート(イラスト)の展示です。テーマは「蝶と蛾」、それぞれの作家の蝶、蛾のとらえ方が興味深いです。今回も会場の装飾が素敵です。蝶が舞うギャラリーに是非お越しください。22日まで。