展示スケジュール l'exposition

Hiroyuki Miura solo exhibition「語る末端」「在/不在」

2020年8月7日(金) 〜 8月11日(火)
12:00~19:00(10日はイベントのため16:30まで。最終日は17:00まで)

Hiroyuki Miura solo exhibition
Works-M Vol.11「語る末端」(ビデオインスタレーション)
 同時展示 Works-M Vol.5「在 / 不在」2013年

2010年に活動を開始した三浦宏之ディレクションによるアートユニットWorks-Mは、 劇場型作品だけでなく、美術と身体による時空間へのアプローチを試みたインスタレーション作品を、 沖縄県立美術館や奈義町現代美術館をはじめ、国内各都市美術館・ギャラリー等で複数発表しています。 ユニットとしてこれまでに10作品が製作され、秋田、東京、横浜、京都、兵庫、岡山、福岡、沖縄にて 展示、上演を行ってきました。

2020年8月 ギャルリー・ジュイエにて、三浦宏之ソロワークとしてWorks-M Vol.11「語る末端」を発表します。

本作は国内緊急事態宣言下にあった2020年4月より、三浦宏之個人によって ネット上に発表されてきた40編を超えるショートムービーに、未発表の映像を加えて 空間へと構成展示されるビデオインスタレーション作品となります。

「インターネットにおける仮想空間から
実空間へと作品を再構成させることにより、
現代に生きる人間の
身体性の虚実というものに
近づくことができるのではないだろうか。」
三浦宏之

2年ぶりの作品発表となるWroks-M Vol.11「語る末端」。
会場には2013年に発表され3美術館を巡回したインスタレーション作品Works-M Vol.5「在 / 不在」も同時展示いたします。 2020年版には作品の身体素材として、俳優・映画監督の菊沢将憲と、俳優の西井裕美が参加しています。

皆さまのご来場を、心よりお待ちいたしております。

☆8/10は17:00より同会場にて作家による新刊「こぼれおちるからだたち」出版記念トークイベントを開催。
要予約: https://worksmlabo.wixsite.com/works-m/talk-reserve
*ご予約がない場合はご参加いただけませんのでご了承ください。

展示・イベント詳細は下記より
Works-M Vol.11「語る末端」特設サイト
https://worksmlabo.wixsite.com/works-m/mattan


(新型コロナウイルス感染防止のために)
*会場入口に消毒液をご用意いたしますので、手指消毒にご協力ください。定期的に室内を換気するなど感染防止対策に努めてまいります。
*会場の入場者数が一定数に達しますと、入り口で入場制限をさせていただく場合がございます。
*会場内はマスク着用にご協力ください。
*37.5℃以上の発熱や咳・咽頭痛などの症状がある方はご来場をお控えいただけますようお願いいたします。

第10回 レッドバンブー展

2020年11月20日(金) 〜 11月24日(火)

タイトル未定

2020年12月18日(金) 〜 12月22日(火)