管理人の独り言 le monologue

ギャラリーにWiFiは必要?

「0080」から始まる電話を、ついとってしまいました。「0080~」と「080~」(こちらは普通の携帯の番号)は紛らわしいんですよね。で、やはり営業電話。「以前インターネットを設定したときにうかがったものですが~、ギャルリー・ジュイエさんにはモデムがありますよね」と何やら以前からつきあいがあるような言い方。ギャラリーにはインターネットはひいていないので、モデムなんてあるわけがないのです。
「インターネットはひいていないのですが」と言ったら、あわてた様子で電話を切られました。このように親しげに話しかけて、だますんでしょうか?営業電話でも悪質なほうかもしれません。

ここでふと思いました。今や、導入したほうがよくわかっていないとしても、WiFiがあるのはあたりまえの世の中になったんだなぁと。 ギャラリーにWiFiがないのは、あれば便利だけど、それほど必要ないから。ちなみに私はこの手のことにうといわけではありません。むしろ、詳しいほうかもしれません。

インターネットをひくことは、ギャラリー開業当時からずっと考えてはいることです。ただ、毎月お金がかかるサブスク型というのは、常に慎重に考えます。スマホがでてくるまでは、展示にネットをつかうというのは、うちではほぼなかったし、その後状況がどんどんかわってきて、今や、必要ならばモバイルWiFiを展示者の方が用意してくれる、簡単なものならテザリングでも使えます。私個人も、事務仕事はWiFiのある自宅でやるし、今はスマホは20ギガまで同一料金なので、ギャラリーにWiFiがなくても、全く不自由は感じないのです。

多分、これからもギャラリーには、インターネットはひかないです。必須とも思えないものに経費をかけるよりも、ギャラリーの料金をおさえたい、と考えるのは間違っていないと思っています。


至福を嗜む 超ドり~ム都市

今週の展示は「至福を嗜む」。架空想主催、20名の作家によるコミックアート中心のイラストの展示です。秋の夕暮れ、ジャズを聞きながら、ワインやお茶でまったりと、そんな展示です。その雰囲気を味わいに是非お越しください。11月14日まで